メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若き逆流者たち

移住者の目線を通して/7 東京→岐阜市 岸健幸さん、美華さん 新人農家、先輩が見守る /岐阜

これからは「後輩」をサポート 岸健幸さん(46)、美華さん(45)

 新たに農業を始める決意をした岸健幸さん(46)、美華さん(45)夫妻は、東京での会社勤めを見切り、長良川に育まれた大地へ移った。2012年4月。岐阜市黒野に居を構え、1・5ヘクタールの畑を借り、枝豆とほうれん草を生産している。

 きっかけは前年3月の東日本大震災だった。テレビCMの映像制作会社に勤めていた健幸さんは東京・青山で揺れに襲われ「やばい、死ぬ」と感じた。直後にはコンビニから食料品が消えた。「こんな時に広告でできることってなんだろう。仕事とは、生きるとは……」と無力感に襲われた。考え抜き、「農業をやろうと思う」と美華さんに告げた。

 2人に農業体験はない。美華さんは驚いたが、「いいんじゃない」と同意した。震災前は健幸さんが多忙で、…

この記事は有料記事です。

残り1086文字(全文1441文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです