メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働き方改革

県の取り組み確認 関連法対応で推進会議 4月適用へ /鳥取

 県の働き方改革推進会議が8日、県庁で開かれ、関係部局の幹部らが今年4月から随時適用される、働き方改革関連法への対応と推進に向けた県の取り組みを確認し合った。

 昨年6月に成立した同法では、残業時間について初めて罰則付きの上限を設け、「原則で月45時間、年360時間」とした新制度や仕事を終えてから次に働き始めるまで一定の休息時間を努力義務で確保する「勤務間インターバル」などが4月からスタートする。

 冒頭、平井伸治知事は「大切なのは、働く時間の中で自分たちの生きがいや健康づくりをいかに見つけていく…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文526文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです