メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

多賀法華さんに聞く 過ごしやすい社会に 「ありのままの自分で」 /島根

劇団ハタチ族の公演を見ようと、劇場を訪れた多賀法華さん=島根県雲南市木次町里方のチェリヴァホールで、根岸愛実撮影

 男または女しか認めない社会は、生きやすいだろうか。昨夏、県委託の人権事業で性的少数者(LGBTなど)としての思いを吐露した多賀法華(のりか)さん(39)=雲南市=は、人口減少地域に暮らすゆえに結婚出産を期待されるプレッシャーを感じつつ、「ありのままの自分」を必要としてくれる人たちの存在を確信している。昨年12月、多賀さんに聞いた。【根岸愛実】

 同市三刀屋町中野で浄土真宗の寺の長女として生まれた。小学校低学年の時、弟が家の跡継ぎと決まり「なぜ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  3. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす
  4. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  5. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです