メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

「安定期」間違いの元 妊娠5カ月、旅行中に出血=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

マンガ「コウノドリ」(C)鈴ノ木ユウ/講談社

 「安定期って、あんたそれ」

 思わず上方落語のサゲ前のような嘆きが口をつきました。実のところ、半分怒っているんです。

 先日、妊娠5カ月(18週)の旅行中の妊婦さんが出血の訴えで来院しました。本来、閉じているはずの子宮口が開き、赤ちゃんを包んでいる膜(卵膜)の一部が見えています。つまり、流産が進行して、にっちもさっちもいかない状況です。イチかバチか子宮口をくくる(頸管縫縮(けいかんほうしゅく)術)か、これ以上進行しないことを祈りながら経過をみるかどちらかしかありません。

 手術そのものに3割程度の流産のリスクがあることを説明しましたが、妊婦さんは手術を選びました。なんと…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです