メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

池内 紀・評『ぼくの伯父さん 長谷川四郎物語』福島紀幸・著

慎み深くケシゴムで自分を消し憧憬の人の評伝を書きのこした

◆『ぼくの伯父さん 長谷川四郎物語』福島紀幸・著(河出書房新社/税別4400円)

 作家長谷川四郎の評伝である。1909年、函館の生まれ。1909年は日本の現代文学にとり、ひときわ豊饒(ほうじょう)の年であって、ほかに大岡昇平、花田清輝、中島敦、太宰治、松本清張らが生まれている。

 その中で長谷川四郎は、広い読者にはまったくといっていいほど知られていないし、少数の読者に知られてい…

この記事は有料記事です。

残り1331文字(全文1548文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  4. 「まこちゃんを救って」 難病の高校1年生、半年内の手術必要 同級生らが募金スタート
  5. 記者のこだわり 性暴力をなくすには 「魂の殺人」被害の男女が語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです