メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

仏黄色いベスト運動、警官殴打のボクサーに多額の寄付と支持

1月8日、フランスの燃料税引き上げへの抗議に端を発した「黄色いベスト」運動で、週末に機動隊の警官を殴打する動画が投稿された元ボクシング・チャンピオンに、ソーシャルメディアを通じて支持や寄付の表明が多数寄せられている。写真は1月5日撮影(2019年 ロイター/Gonzalo Fuentes )

 [パリ 8日 ロイター] - フランスの燃料税引き上げへの抗議に端を発した「黄色いベスト」運動で、週末に機動隊の警官を殴打する動画が投稿された元ボクシング・チャンピオンに、ソーシャルメディアを通じて支持や寄付の表明が多数寄せられている。

 殴打事件を起こしたのは、ライトヘビー級国内チャンピオンのタイトルを2度勝ち取ったクリストフ・デッティンガー氏。封鎖されていた歩道橋のガードレール飛び越え、警棒と楯をで武装した複数の警官に殴りかかった場面が撮影された。

 デッティンガー氏は7日に自首し、自己防衛していたと主張しているが、現在も拘留されている。

 デッティンガー氏への資金援助のため開設されたサイトには、8日時点で11万4000ユーロ(約1420万円)を超える寄付表明が寄せられている。フェイスブックでは「クリストフ・デッティンガー支援」と題されたページが多数開設され、その1つには3000を超える「いいね」が付いている。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. 高松商・香川が今大会初完封 春日部共栄降す
  3. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  4. 寄贈 闘病記を市に 子宮頸がん患いながら出産、朝霞の森田さん(46) 検診の大切さ知ってほしい /埼玉
  5. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです