メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

啓翁桜

一足早い春 弘前で出荷始まる /青森

 真冬でも淡いピンクの花を咲かせる「啓翁桜(けいおうざくら)」の出荷が、弘前市にあるJAつがる弘前の促成施設で始まった。農協の職員が開花しそうな花を選別し、箱に詰める作業に追われている。

 啓翁桜は、観賞用や卒業式などに飾る花として人気があり、同JAが農閑期の組合員の収入源にしようと2002年に促成施設を整備。現在は弘前市や平川市碇ケ関、西目屋村などの組合員約…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 二階氏妻葬儀に大島、菅、岸田氏ら参列 王氏や杉良太郎さんも
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  5. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです