メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわて人模様

青果仲卸業一筋65年 佐々木省三さん(81) /岩手

 盛岡市中央卸売市場青果部の最古参。場内でてきぱきと仕事をこなし、今はリンゴで忙しくしている。付き合いの長い顧客が多く、自身で買い付けをして全国各地へ発送する。

 1914(大正3)年に祖父が始めた青果卸業。男4人兄弟の三男で、他の兄弟は安定を求めて会社員になった。戦後の混乱期に商売ができず、再開にこぎ着けた時に両親から「仕事を手伝ってほしい」と頼まれた。高校1年の冬、学校をやめて家業を手伝い始めた。当時は盛岡の中心部に近い南大通に店を構え、五つ玉のそろばんをはじいて商売をしていたという。

 68年、市中央卸売市場の開設と同時に店を法人化し、市場内に移転。父親から経営を引き継いだ。顧客の要…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです