メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成点描

神奈川/3 みなとみらい(その1) 「未来都市」総仕上げ 景観配慮、協定でブランド化 /神奈川

 2018年12月21日の夕暮れ。横浜・みなとみらい21(MM21)がまばゆい光を放った。「タワーズミライト」。オフィスを点灯し街全体で一つのイルミネーションを創りあげる、年に1度のイベントだ。平成では最後の開催となったこの日、新たに3施設が加わり、学校もライトアップされた。

 「海に抱かれた都心」「活力あふれる国際文化都市」--。こうしたコンセプトを掲げてきた街は、シンボル的な横浜ランドマークタワー(高さ約296メートル)に向かって海側から徐々に建物が高くなる「スカイライン」を描く。どこか「未来都市」をほうふつとさせる景観だ。

 着工から35年あまり、平成と共に歩んできた街づくりは今、仕上げの段階に差し掛かっている。かつてない…

この記事は有料記事です。

残り1587文字(全文1903文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです