メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮笠作り

最盛期 飛騨の伝統民具、高山で24日販売 /岐阜

 高山市一之宮町の問坂義一さん(82)宅では、飛騨地方に江戸時代から伝わる伝統民具の宮笠(がさ)作りが最盛期を迎えている。同市本町などで24日に開かれる「二十四日市」で販売する。

 宮笠は、高山市の無形文化財にも指定されており、江戸時代から主に農作業の日よけや雨よけに使われてきた。農民が農閑期の冬場に副業として作り始めたとされ、赤茶色のイチイやヒノキを削…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  5. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです