メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電

買い取り価格、2割下げ 料金上乗せ、家庭や企業の負担減

事業用太陽光発電の買い取り価格

 経済産業省の有識者会議は9日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で、2019年度の事業用太陽光発電の買い取り価格を1キロワット時当たり14円とする経産省案を認めた。18年度の18円から2割以上の引き下げとなり、同省は3月末までの正式決定を目指す。【袴田貴行】

 FITは、再生エネで発電した電気を電力会社が決まった価格で一定期間買い取る制度。12年に始まり、再生エネの普及に一役買ってきた。一方で、買い取り費用は家庭や企業などの電気料金に上乗せされ、18年度は総額2・4兆円に達する。太陽光パネルの価格下…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文651文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  4. 勤務医の残業上限時間「2000時間」に批判相次ぐ 厚労省有識者検討会
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです