メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜港

大型客船7隻同時着岸、港湾整備着々 滞在促す魅力創出も急務 /神奈川

 横浜港の国際旅客船拠点の強化を目指す港湾整備が着々と進んでいる。横浜市によると、2021年4月には、大さん橋、大黒、新港、山下、本牧の5ふ頭で、横浜ベイブリッジを通過できない超大型客船2隻を含め、計7隻の同時着岸が可能になる。国際クルーズによる観光振興、経済活性化に期待がかかる一方、滞在を促す魅力ある観光コンテンツ作りも急務だ。

 今年4月27日には大さん橋、大黒、山下の3ふ頭に、「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5906トン…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1004文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです