メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

民主主義の行方 インタビュー ノーム・チョムスキー アリゾナ大教授(言語学)

ノーム・チョムスキー氏=米西部アリゾナ州トゥーソンのアリゾナ大で2018年10月16日

 トランプ米大統領の下、社会の分断が深まった米国。他国でもポピュリスト的な政治家が台頭し、「民主主義の弱体化」が指摘されている。この潮流は歴史の必然で、既存の国際秩序は存在意義を失いつつあるのか。米国の左派思想家ノーム・チョムスキー氏(90)に聞いた。【聞き手・國枝すみれ】

格差進み中道衰退 社会の病理表面化

--トランプ大統領を嫌う穏健保守派は共和党から離れ、急進的なリベラル派の一部は民主党を見捨てました。妥協を通じて民意を形成する余地は米社会にあるでしょうか。

 妥協できる点はかなりあると思う。重要な社会、経済政策に関して米国民の考えはさほど変わらない。大多数…

この記事は有料記事です。

残り3482文字(全文3764文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです