メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

緊急避妊、処方箋の「壁」 「市販を」学生ら署名活動 海外では無料も

福田和子さん

 <access>

 望まぬ妊娠を避けるために緊急避妊薬(アフターピル)を医師の処方箋なしで買えないのはおかしい--と女性たちが訴えている。どんな薬で、現状はどうなっているのか。【中川聡子】

 緊急避妊薬は、女性が性交後72時間以内に1錠服用すると排卵が抑制される。日本では2011年に承認(販売名「ノルレボ」)。日本家族計画協会理事長の北村邦夫医師によると服用で1回の性交による妊娠率は0・7%だ(健康な男女の妊娠率は通常、20代で20~25%)。副作用はまれで身体に影響がなく、服用後に妊娠が判明しても胎児に影響がない。服用後の性交には妊娠のリスクがある。

 性交から服用まで時間が空くほど有効性が落ちるため極力早く服用する必要がある。多くの国では薬局で簡単…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです