メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立医療センター

負傷兵、250のうめき 日中戦争、銃弾など発見 北九州・小倉

 陸軍病院を前身とする北九州市小倉南区の国立病院機構小倉医療センターで、戦争で被弾し帰還した負傷兵から摘出された銃弾や砲弾のかけらなど約250点が見つかった。関係者らは「傷痍(しょうい)軍人の苦しみや戦争の悲惨さを表す貴重な資料だ」と語る。

 同センターによると、2018年9月に新築棟へ引っ越す際、旧外来棟2階にあった医局倉庫内で、白い布を掛けて片隅に積んであった11個の木箱が見つかった。

 「上海事変戦傷者摘出弾」などと記した木箱の中は細かく仕切られ、長さ4センチほどの銃弾から幅約5ミリ…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文642文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. がん・ステージ4からの眺め 食べて寝るだけで貴い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです