メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書店

「文喫 六本木」オープン 一日中じっくりと 入場料払い堪能 /東京

 「店内で長時間過ごすことを前提に、入場料を支払う」という新しいスタイルの書店「文喫 六本木」が港区にオープンし、話題を集めている。料金は1日1620円で、店内では飲食も可能だ。

 企画した出版取次大手の日本出版販売(日販)は「書店で本を買うことが非日常になりつつある現在。本とじっくり向き合う時間と場所を提供し、特別なイベントとして楽しんでもらうのが、新しい書店のあるべき姿ではないか」と話す。

 昨年6月に閉店した有名書店「青山ブックセンター六本木店」のスペースを改装した店内には、広々とした喫…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです