メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危険バス停

女児死亡事故に有罪判決 対策進む 事業者ら一部移設着手 /神奈川

 昨年8月、横浜市内のバス停近くで停車する路線バスの後ろから横断した女児を軽ワゴン車ではねて死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致死)の罪に問われた藤沢市の男性(36)に対し、横浜地裁(横倉雄一郎裁判官)は11日、禁錮2年6カ月、執行猶予4年(求刑・禁錮2年)の判決を言い渡した。【木下翔太郎】

 死亡事故は昨年8月30日夕、同市西区北軽井沢の信号機のない市道交差点近くで発生。女児(当時10歳)…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1068文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  4. 「まこちゃんを救って」 難病の高校1年生、半年内の手術必要 同級生らが募金スタート
  5. 記者のこだわり 性暴力をなくすには 「魂の殺人」被害の男女が語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです