メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難病県教委職員死亡

県教育長解任決議案を 議長に市民団体ら /新潟

 難病を抱え障害者枠で採用された県教育委員会の女性職員(当時42歳)が昨年1月、長時間労働の末死亡した問題を受け、過去に県職員だった男性を過労自殺で亡くした遺族らが11日、県議会議長に対し、県教育長への解任決議案などを議会に提出するよう申し入れた。

 申し入れを行ったのは、2002年に過労自殺した大橋和彦さん(当時34歳)の母喜代子さんと市民団体「新潟過労死・自殺遺族支援ネットワーク」のメンバー計3人。

 同ネットワークの渡辺党代表は県庁で沢野修議長に対し、障害者雇用促進法に基づく女性への適正な配慮の有…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです