メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒住章堂ふすま絵展

一昨年発見の44枚 14日まで北区 /岡山

色鮮やかに描かれたふすま絵が並ぶ会場=岡山市北区天神町で、益川量平撮影

 岡山出身の日本画家・黒住章堂(くろずみしょうどう)(1877~1943年)が描いたふすま絵が並ぶ特別展示が県立美術館(岡山市北区天神町)で開かれている。14日まで。

 章堂は現在の同市北区一宮出身。18歳で京都に出て、京都画壇を代表する画家・竹内栖鳳(せいほう)に学んだ。25歳の時に父の死を機に岡山へ戻り、吉備津彦神社の御用絵…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです