メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

岩城けいさんが新作『Matt』 移民の葛藤「自分は何者?」

 オーストラリア在住の作家、岩城けいさんが新作『Matt(マット)』(集英社)を刊行した。日本からの移民としてオーストラリアで生きる高校生が、同級生と衝突し、もがく物語。ひりひりするような若者の感情が伝わる。岩城さんは「『自分は何者か』というアイデンティティーの形成を書きたかった」と話す。

 主人公の少年期を描いた前作『Masato』の続編。親の仕事の都合でオーストラリアに渡った真人は高校生になり、ニックネームのマットを名乗り生きるようになる。だが、同じ名前のマットという同級生とトラブルになる。同級生は「俺の祖父は日本人に人生を台無しにされた」「お前は何も知らないんだな」と主人公を責め、差別用語を使って食ってかかる。第二次世界大戦での日本軍の攻撃のことだ。

 対極とも言える相手に反発しつつ、主人公は歴史やルーツの問題を突きつけられ、向き合っていく。<「おれ…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文924文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです