メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みのひだフォーカス

JR岐阜駅北口超高層ビル 駅前に福祉の拠点 超高齢社会「新時代の開発モデル」 /岐阜

 JR岐阜駅北口で建設が進んでいた地上24階建て超高層ビル(岐阜市高砂町1)が31日に完成する。住宅や商業施設以外に、3~15階の全218床と、16~21階の一部36戸に高齢者福祉施設「ジョイフル岐阜駅」が入居する。事業主の再開発組合の調査で、福祉事業者の引き合いが多かったといい、超高齢社会の進展が駅前の再開発事業にも及んだ形だ。市では「駅前でこれほどの規模の福祉施設が入居する再開発ビルは県内では初めてではないか」と話す。【高橋龍介】

 ビルは「岐阜イーストライジング24」。高さ95メートル、述べ面積約2万3800平方メートル。事業主…

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1405文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです