メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発と暮らし

島根2・3号機のいま/1 反対住民「子たちのため」 「恩恵受けた世代の責任」 /鳥取

「子どもたちにツケを回してはいけない」と原発ゼロを訴える大谷輝子さん(右)=鳥取県米子市加茂町2で、横井信洋撮影

 米子市選出の元共産県議、大谷輝子さん(82)は昨年11月30日、市中心部にある中国電力米子営業所前で、オーバーと毛糸の帽子を着用しマイクを握っていた。東日本大震災(2011年)による東京電力福島第1原発の事故後、全国で毎週金曜に有志が脱原発を訴える「金曜行動」の一環だ。「今も多くの人が避難を余儀なくされている。子供たちのために過去を学んで生かさなければならない」と呼び掛けた。

 1979年から米子市議を4期、95年から県議を1期務めた。原子力に関する知識を得るうちに「平和利用…

この記事は有料記事です。

残り1183文字(全文1423文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 千葉女児虐待死 父「丁寧で実直」 暴力振るうとみられず 同僚ら衝撃
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです