メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

堀江敏幸・評 『ぼくの伯父さん 長谷川四郎物語』=福島紀幸・著

 (河出書房新社・4752円)

禁欲的に描いた「共作」

 長谷川四郎は、一九〇九年、函館に生まれた。父親の淑夫(よしお)は佐渡の出身で、東京で学んだあと、郷里にできたばかりの尋常中学校の英語教師を三年ほど務めた。その間の教え子に、北一輝がいる。やがて「北海新聞」主筆となり、筆禍で投獄されたものの、「函館新聞」に迎えられると、北一輝と関わりのある行地社を通じて大川周明を知り、満州建国の理想を追うようになる。

 四郎はその名のとおり四人兄弟の末っ子である。長兄海太郎(かいたろう)は、林不忘(ふぼう)、牧逸馬(…

この記事は有料記事です。

残り1241文字(全文1493文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです