メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「アジアの木版画運動」展

民衆のエネルギー刻む 福岡

 <日曜カルチャー>

 「闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930s-2010s」が、福岡アジア美術館(福岡市博多区下川端町)で開かれている。1930年代から2010年代にかけて、アジアにもたらされ、各地で制作された木版画、関連資料など約340点。アジアの近現代史を概観しながら、諸国の民主化・独立・労働運動に関し、木版画が果たした役割について考えさせる。

 美術史の中で顧みられる機会の少ない木版画を特集し、アジアという横串を通して捉えた初の企画。アジアに…

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1315文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  2. 汚泥 解体工事で 6立方メートル流出か 県中山間農業研支所 /岐阜
  3. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです