メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

迫り来る嵐 連続殺人にも無表情、中国の淀んだ佇まい

 中国から届いた、連続殺人の物語。もともと犯罪は映画と相性がいいですが、ことに連続殺人を取り扱った映画には傑作が並びます。

 サイレント映画ならロベルト・ヴィーネ監督の「カリガリ博士」、トーキー映画のごく初期に発表されたフリッツ・ラング監督の「M」の二つを筆頭として、デヴィッド・フィンチャー監督の「セブン」、アジアならナ・ホンジン監督の「チェイサー」やポン・ジュノ監督の「殺人の追憶」など、お薦め映画が目白押しです。

 死人がたくさん登場するのは脚本が下手な証拠ですから、連続殺人がいい映画になるのはちょっと変ですね。…

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1627文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  5. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです