メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・山田祐一郎

つるつる道をゆく 覚悟突きつけた味

「たつし」の白濁スープの豚骨ラーメン。香味油を加えたものも人気だ=山田さん提供

 今思えば、あの店に行って人生が変わった。福岡市・名島にある「ら~めん屋 たつし」だ。それまでのぼくは凡庸だったし、鈍感だった。おいしいを額面通りにとらえ、自分にとっての味の良しあし、つまり好みか、そうでないかという点だけで判断していた。「たつし」の店主、和田寛幸さんは、ぼんやりと生きていたぼくに覚悟を突きつけた。

 和田さんは30歳を目前にして脱サラ。調理経験ゼロ、修業経験ゼロの中、理想のラーメンを作り上げたいと…

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1167文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです