メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

大泉洋、演技もトークも一級品 宣伝でも「本気」が気持いい

 公開中の映画「こんな夜更けにバナナかよ〓愛しき実話」を先日見た。難病にかかりながらも、自らの思いに素直に生きた鹿野靖明さんの実話を元にしている。原作は渡辺一史の書籍だ。鹿野さんを演じた、大泉洋の自然体の演技に感動した。作品を過剰に重くしなかった、前田哲監督の演出の力も大きい。いい映画に出合えた。

 週に一度は映画館に足を運ぶが、作品のPRに特化した番組や記事には、あまり触れないようにする。もちろん、情報社会において完璧にそうすることは難しいが、自らの力で面白いものを探したいという思いが強い。

 公開近い映画や新ドラマの宣伝のため、バラエティー番組などに、有名俳優らが出演することがよくある。気…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文732文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです