メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台裏へようこそ

演劇プロデューサー 細川展裕 「誰か」の幸せ支える

劇団☆新感線が初めて動員10万人を達成した「五右衛門ロック」。中央は五右衛門を演じた古田新太=(c)ヴィレッヂ・劇団☆新感線

 昨年の大みそかに千秋楽を迎えた「メタルマクベスdisc3」をもって、日本初の客席が回転する劇場「IHIステージアラウンド東京」で、約2年間9本の興行を終えた「劇団☆新感線」。その成功を引き寄せたのは、主宰で演出家のいのうえひでのりの求心力によるところが大きいが、陰で支えた人がいる。新感線の公演企画・製作を行う「ヴィレッヂ」会長で、演劇プロデューサーの細川展裕(のぶひろ)だ。「2年で3本が理想ですから、今回は大変でしたね」と苦笑いしながら語る言葉には、実感がこもる。

 演劇におけるプロデューサーの仕事は「公演の企画立案・制作」だ。新感線の場合、公演初日の2年以上前か…

この記事は有料記事です。

残り1759文字(全文2044文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  3. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  4. 藤井七段が朝日杯連覇 渡辺棋王を破る
  5. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです