メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台裏へようこそ

演劇プロデューサー 細川展裕 「誰か」の幸せ支える

劇団☆新感線が初めて動員10万人を達成した「五右衛門ロック」。中央は五右衛門を演じた古田新太=(c)ヴィレッヂ・劇団☆新感線

 昨年の大みそかに千秋楽を迎えた「メタルマクベスdisc3」をもって、日本初の客席が回転する劇場「IHIステージアラウンド東京」で、約2年間9本の興行を終えた「劇団☆新感線」。その成功を引き寄せたのは、主宰で演出家のいのうえひでのりの求心力によるところが大きいが、陰で支えた人がいる。新感線の公演企画・製作を行う「ヴィレッヂ」会長で、演劇プロデューサーの細川展裕(のぶひろ)だ。「2年で3本が理想ですから、今回は大変でしたね」と苦笑いしながら語る言葉には、実感がこもる。

 演劇におけるプロデューサーの仕事は「公演の企画立案・制作」だ。新感線の場合、公演初日の2年以上前か…

この記事は有料記事です。

残り1759文字(全文2044文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです