メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

2014年開始、アドバイザー制度 大学で分析、防犯に活用 福岡県警、事件情報を提供

 福岡県警が2014年に全国に先駆けてスタートさせた「犯罪予防研究アドバイザー」の研究成果が、防犯の現場で活用され始めている。大学の研究者らに事件情報などを提供して防犯分野の研究を進めてもらい、その成果を事件の未然防止などに活用する取り組みだ。アドバイザーの助言に基づき、空き巣被害や事故が起きにくい工夫が凝らされた住宅地も登場した。【柿崎誠】

 「値段以上に重視したのは安全と安心。実際に住んでみて防犯の工夫を感じる」。昨年8月に入居した福岡県…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. J1神戸 ポドルスキ暴言問題に無言…進展なしもインスタ更新(スポニチ)
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです