メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成から未来へ・三重

/11 「ミュゼ・ボンヴィヴァン」シェフ・出口直希さん(41) 「生き物の声」料理に /三重

 「食べる人の心を満たすような、五感を刺激するような、そんな料理を作りたい」。県立美術館(津市大谷町)内のレストラン「ミュゼ・ボンヴィヴァン」のシェフ、出口直希さん(41)は問い続けている。【谷口豪】

 伊勢市出身。料理上手な母の存在が、自分が料理人を志すことにもつながった。「お袋の味」は、同級生にも好評で出口さんの自宅でご飯を食べる友人が多かった。料理が持つ「人を引きつける力」に魅せられた。

 中学を卒業すると友人の父親が経営する焼き肉店で働き始めた。高校卒業後は調理師学校に進学。京都での修…

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文867文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽療法研修会 来月2日、札幌で /北海道
  2. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  3. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  4. 首相 トランプ氏のノーベル平和賞推薦、否定せず 「コメントは控える」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです