メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どんど焼き

17メートルのどんどに祈念 300年以上続く伝統行事 名張・農村公園 /三重

点火の前におはらいを受ける住人ら=三重県名張市美旗中村の農村公園で、衛藤達生撮影

 名張市美旗中村の農村公園で14日、正月の伝統行事「どんど焼き」があった。地域住民が竹やわらで作った高さ17メートルのどんどを燃やし、無病息災や豊作を祈った。

 同地区のどんど焼きは300年以上続いており、2005年から地元の保存会が伝統を守っている。以前は地区の東西に分かれて行っていたが、人口減少などの影…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文383文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. 八千草薫さん、がん公表 ドラマ「やすらぎの刻」降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです