メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

せった

NYの日本製品扱う店に カフェ店主・星田さんら考案 カラフル、華やかさと履き心地追求 三郷 /奈良

 せったや草履作りが地場産業の三郷町で、欧州の古い生地を鼻緒に使った彩り豊かな柄のせったが人気だ。カフェ店主と職人らが「ジーンズなど普段着にも合う履物に」と考案し、見た目の華やかさに加え、柔らかさにこだわった履き心地も売り。昨年から米国の一部店舗にも並んでいる。

 三郷町は明治初期から鼻緒作りが盛ん。1950年代には生産高が全国で8割を占めた。せったや草履は町民に身近で、姿勢矯正に効果があるとされることから町の小学校や保育園では上履きとして用いられている。

 カフェを営む星田和彦さん(42)は2013年、店で開いたせったPRのイベントに常連客の職人、芝崎多…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文605文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです