メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川駅伝

男子・尽誠学園高A、女子・香川西高V2 /香川

フィニッシュし笑顔を見せる尽誠学園高Aの木山達哉選手=高松市生島町の県総合運動公園で、小川和久撮影

 琴平駅伝記念男子第48回女子第15回香川駅伝競走大会(香川陸上競技協会、毎日新聞高松支局主催)が14日、高松市生島町の県総合運動公園で開かれた。県内外の中高生や社会人の男子28チーム、女子13チームが出場。晴れ渡った空の下、男子は6区間25.3キロ、女子は4区間13.8キロの周回コースでたすきをつないだ。男子は尽誠学園高Aが1時間18分55秒で2年連続19回目、女子は四国地区代表として昨年末の全国高校駅伝にも出場した四国学院大香川西高が49分36秒で、2年連続2回目の優勝を果たした。【小川和久、山口桂子】

この記事は有料記事です。

残り2387文字(全文2643文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 特集ワイド 結婚は「多くの人納得」必要? 女性皇族の「自由恋愛」定着したが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです