メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

伊江島に始まる=玉木研二

 <ka-ron>

 沖縄県の玉城デニー知事が昨秋の選挙戦で第一声を上げたのは伊江島だった。周囲22キロほど。平らなサトウキビの島は、沖縄戦と戦後苦難史の縮図といわれた。

 1945年4月16日米軍が上陸、6日間の激戦で守備隊将兵だけでなく、約1500人の住民が落命した。赤子を負って突撃する女性もいた。

 戦後の50年代は「銃剣とブルドーザー」と表現される米軍用地の強制的接収。伊江島住民の抵抗は沖縄本島も動かして「島ぐるみ闘争」に広がり、米軍側から一定の譲歩を得た。普天間飛行場の辺野古移設反対の知事が、まずここに立ったゆえんの一つだ。

 そのリーダーだった阿波根昌鴻(あはごんしょうこう)さん(2002年に101歳で死去)は戦前の青年期…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文1035文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  4. さぬき市 2温泉10月廃止方針 入浴施設以外は存続 /香川
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです