メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 政府、新区域埋め立て 3月にも西隣33ヘクタール

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事で、政府は現在土砂を投入している区域の西隣の区域(約33ヘクタール)での土砂投入を3月にも開始する方針を固めた。今月中にも沖縄防衛局が県に作業開始時期を通知する。先月14日の土砂投入開始から1カ月が経過した。県側は工事中止を求める姿勢を崩していないが、埋め立て工事は着々と進み、双方の溝は深まっている。

 防衛省によると、昨年12月に土砂投入を始めた現区域(約6・3ヘクタール)は、開始1カ月で2割程度が…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文608文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです