メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蒼井優

日本アカデミー賞優秀賞会見で人生初司会に挑戦 「とても緊張しています」

「第42回日本アカデミー賞」の優秀賞発表会見に登場した蒼井優さん

 女優の蒼井優さんが15日、東京都内で開かれた「第42回日本アカデミー賞」の優秀賞発表会見に登場した。6年連続で司会を担当する俳優の西田敏行さんと共に、司会を担当した蒼井さんは「学生時代の学級会でも司会もやったことのない私が、人生で初の司会の場が、大きな舞台ということでとても緊張しています」とあいさつした。

 今回の優秀作品賞は「カメラを止めるな!(カメ止め)」「北の桜守」「孤狼の血」「空飛ぶタイヤ」「万引き家族」の5作品が選ばれた。どの作品に注目をしているかと聞かれた蒼井さんは「正直『自分が出た作品がない』とは思いましたが」と冗談を飛ばしてから「(孤狼の血の)白石和彌監督に肩入れしてしまうところはあるかも。『カメ止め』は昔に私が『フラガール』で日本アカデミー賞に呼んでいただけた時の興奮を思い出します」と明かしていた。

 同様に注目する5作品について質問された西田さんは「『孤狼の血』は私のライバルの役所(広司)君が出ているので、なるべく(最優秀賞は)取らないでほしい」と話して、観客を笑わせていた。

 同賞は日本の映画芸術、技術、科学の向上発展のために設けられ、選考は日本アカデミー賞協会員の投票で実施される。今回の選考は、2017年12月16日~18年12月15日に公開された作品が対象。各部門の最優秀賞は3月1日に開かれる第42回日本アカデミー賞授賞式で発表される。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです