メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮面ライダービルド

“万丈”赤楚衛二 宿敵エボルトとの共闘に「衝撃」 「ヒロイン」発言公開謝罪も 

Vシネマ「ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ」の完成披露舞台あいさつに登場した赤楚衛二さん

 特撮ドラマ「仮面ライダービルド」の続編となるVシネマ「ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ」(山口恭平監督)の完成披露舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、万丈龍我(仮面ライダークローズ)役の赤楚衛二さんらが登壇した。赤楚さんは続編で実現したテレビシリーズの“ラスボス”エボルトとの共闘について「衝撃ですよ」と告白。「1年間ずっと戦ってきた相手といまさら仲良くなれるかと思いきや。ま、仲良くはなってはいないんですけど、軽快な会話とかするので、意外な化学反応があって面白い」と印象を明かした。

 続編は万丈が主人公。主演としての心境を聞かれた赤楚さんは「まず(台本の)ページを1枚めくると赤楚衛二って名前がある。それがうれしくって」と笑顔を見せ、「内容は割と重めで衝撃の事実もあり。これは頑張っていかないといけないなって思いました」と語っていた。

 この日は石動美空役の高田夏帆さん、滝川砂羽役の滝裕可里さん、柿崎悟志(仮面ライダーキルバス役)の進藤学さん、馬渕由衣役の元AKB48の永尾まりやさんが出席。

 締めのあいさつを任された赤楚さんは「今までふざけて“ヒロイン万丈龍我”と名乗ってたんですけど、ビルド完全読本に(高田)夏帆ちゃんが『本気で落ち込んだ~』ってあったので、ここで謝らせていただきます。すみませんでした!」と過去の発言を反省し、公開謝罪。高田さんも「許す」と笑顔で応え、会場を沸かせていた。

 「仮面ライダービルド」は、天才物理学者の桐生戦兎(犬飼貴丈さん)が、平和を守るために仮面ライダービルドに変身して戦う……というストーリー。2017年9月~18年8月にテレビ朝日系で放送された。

 Vシネマは、赤楚さんが演じる万丈(仮面ライダークローズ)を主人公に、「仮面ライダービルド」のテレビシリーズ最終回のその後を描く。桐生戦兎が創った新世界で、人々は記憶を失い、平和に暮らしていたが、ある日、万丈はなぜか前の世界の記憶を持つ女性、由衣(永尾さん)と出会う。混乱する龍我の前に、突如エボルトの兄・キルバス(進藤さん)が現れ、龍我に襲いかかる。そのピンチに駆け付けたのは記憶を取り戻した仲間たち。さらに、エボルトの姿も……。そして龍我とエボルトの奇妙なバディーは、キルバスの脅威に挑むのだが……というストーリー。25日から期間限定で劇場上映され、4月24日にブルーレイディスクとDVDが発売される。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです