メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU離脱 英国の介護現場に深刻な影響 東欧からの労働者に依存

入所者のお年寄りの手を握りながら笑顔で声をかけるルーマニア出身のエラさん=英東部ピーターバラの高齢者施設「フィリア・ロッジ」で、矢野純一撮影

 【ロンドン矢野純一】欧州連合(EU)からの離脱合意案が15日夜(日本時間16日朝)、英下院で採決される。否決の公算が大きく、メイ首相は今月21日までに、代替案を議会に提示しなければならない。離脱方針を巡っては離脱派、離脱強硬派、穏健派、残留派とさまざまな立場の思惑が交錯し、先が読めない状態だ。今年3月の離脱期限が目前に迫る中、英国や欧州では不安が広がっている。

 ロンドンから電車で北へ約1時間。英東部ピーターバラにある高齢者施設「フィリア・ロッジ」のロビーで、…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1402文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  3. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  4. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  5. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです