メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーアジア杯

長友“神の手”再び!北川に差し伸べる「話し合いたい」(スポニチ)

アジア杯1次リーグF組 日本-ウズベキスタン(2019年1月17日 UAE・アルアイン)

 F組の日本は13日、1次リーグ第2戦でオマーンに1-0で2連勝し、勝ち点6で16強による決勝トーナメント進出を決めた。辛勝から一夜明けた14日はアブダビ近郊で調整してから午後に第3戦が行われるアルアインへと陸路で移動。DF長友佑都(32)は、オマーン戦で力を出し切れなかったFW北川航也(22)との会談を熱望した。17日は1位突破を懸けてウズベキスタンと対戦する。

     長友が、“神の手”を差し伸べる。エースの大迫を欠く中、数多くのチャンスをつくりながら1点しか奪えなかったオマーン戦。話題がシュートを1本も放てないまま後半12分で交代した1トップのFW北川に及んだ時、32歳は言った。「ちょっと彼とも話し合いたい。若手がイキイキとプレーできていないのは、ベテランの責任でもある」。責任の矛先を自らベテランに向けて、会談を申し出た。

     北川はまだ22歳。国際Aマッチはオマーン戦が4試合目。「将棋で言うと飛車、角のレベル」という大迫の代わりに1トップに抜てきされたが、欲しいタイミングでパスは来ず、連係の課題が浮き彫りになった。中でも長友が口にしたのは「遠慮」の姿勢だった。「若さと経験のなさで、まだ自分自身を出し切れていない。遠慮している。そこはベテランの選手たちが、雰囲気やモチベーションをつくってあげられるかが大事」と話した。

     試合は微妙な判定に救われた。前半45分、MFヤハヤエイのシュートがペナルティーエリア内にいた長友の手に当たったように見えた。自身も「腕に当たりましたね。結果的に“神の手”になって良かった。(準々決勝から導入の)VARがあったらハンド(の判定)になっていた可能性が高い」と86年W杯メキシコ大会で手で得点を決め「神の手」とされたマラドーナのプレーになぞらえて認めたが、PKにはならなかった。仮になっていたら、引き分けもあり得た試合だった。

     神の手に救われたのなら、その手を差し出して後輩を救う。会談の相手として選んだのは北川だが、もちろんコミュニケーションを取らないといけないのは北川だけではない。武藤もそう。「大迫の代わりじゃない。俺がチームを変えてやるんだ!それくらいの気持ちがほしい」。32歳のベテランは、誰もが良さを出せる雰囲気づくりに尽力する。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
    2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
    3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
    4. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
    5. 支局長からの手紙 ATMの撤去 /島根

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです