メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

焼酎を手に祖国くまなく 文聖姫さんが見た北朝鮮のリアル

北朝鮮の庶民のたくましさについて語る文聖姫さん=東京都千代田区で、鈴木琢磨撮影

バッタ市場からダニ市場へ 「個人農」も続々 たくましく稼ぐ庶民

 「平壌(ピョンヤン)焼酎」をかばんに忍ばせ、記者として、研究者として北朝鮮をくまなく歩いた在日2世の女性がいる。文聖姫(ムンソンヒ)さん(57)。「麦酒(ビール)とテポドン 経済から読み解く北朝鮮」(平凡社新書)を刊行したばかりの彼女に隣国のリアルを聞いた。【鈴木琢磨】

 東京・神田神保町のビルにある「週刊金曜日」編集部に文さんはいた。広告に頼らず、リベラルな論陣を張る…

この記事は有料記事です。

残り2552文字(全文2769文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  5. 支局長からの手紙 ATMの撤去 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです