メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・雨宮処凛さん モラトリアムの街、中野

作家の雨宮処凛さん=宮間俊樹撮影

 中野にいたのは1994年から99年までの5年間です。人形作家になろうと北海道から出てきたものの、人形の粘土に触れてアトピー性皮膚炎が悪化して断念せざるをえず、ちょうどフリーターをしていた時期です。

 何者かにはなりたいけど、何をしていいか分からない。人生に戸惑い、がむしゃらに生きて“地獄巡り”のように過ごしていたのが中野での日々でした。

 街の雰囲気は、今と変わらないですね。北口駅前の商店街に行くと、古本屋やコスプレ店などサブカルチャー…

この記事は有料記事です。

残り1560文字(全文1779文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都大の吉田寮自治会が条件付き退寮表明
  2. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  3. はやぶさ2 あすリュウグウに着陸
  4. 空自戦闘機墜落 突発的トラブルか 異常、交信なく
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです