メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日芸術賞の人々

/4止 大林宣彦さん

毎日芸術賞特別賞を受賞した映画監督の大林宣彦さん=根岸基弘撮影

 ◆映画部門 特別賞 映画「花筐/HANAGATAMI」

だまされた怒りが原動力

 「僕一人の力によるものではありません。スタッフやキャスト、みんなが力を出し切って、いい作品にしてくれた」。穏やかな表情で受賞を喜んだ。

 映画「花筐/HANAGATAMI」は、第二次世界大戦前夜の佐賀・唐津を舞台にした青春群像劇。檀一雄原作の小説を基に、戦争の足音が近づく中、旧制高校生が死を覚悟しながら精いっぱい生きる姿を描いた。約40年前から映画化したいと願い続けてきた作品だが、当初は映画関係者に持ちかけても「こんな時代に戦争の話なんて、誰も見ない」と見向きもされなかったという。

 今になって「花筐」の映画化が実現し、評価されたことの意味を考えると、複雑な気持ちもあるともらした。…

この記事は有料記事です。

残り1171文字(全文1503文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです