メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

没後800年、源実朝に焦点 若くして暗殺…悲劇の将軍 最古の肖像彫刻など40点 鎌倉国宝館 /神奈川

 最近の研究の進展により、その政治手腕が再評価されつつある鎌倉幕府三代将軍の源実朝(さねとも)(1192~1219年)。若くして暗殺された悲劇の将軍にスポットを当てた特別展「源実朝とその時代」が、鎌倉市雪ノ下の鎌倉国宝館で開かれている。実朝没後800年と市制80周年を記念しての開催で、最古の肖像彫刻など約40点が展示されている。実朝の命日1月27日を含む2月3日まで。

 実朝は、幕府を開いた初代将軍頼朝の次男。失脚した兄頼家(よりいえ)に代わって征夷大将軍となり、幕府…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文835文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 特集ワイド 結婚は「多くの人納得」必要? 女性皇族の「自由恋愛」定着したが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです