メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

郷愁誘う昭和のくらし・まちかど 世相映すホーロー看板や生活用品… 来月27日まで 四日市市立博物館 /三重

 郷愁を誘うほうろう引きの「ホーロー看板」や生活用品などで昭和をたどる企画展「昭和のくらし 昭和のまちかど」(毎日新聞社など後援)が、四日市市安島1の市立博物館で開かれている。来館者は世相を反映する800点余の品々を通し、64年に及んだ一時代を振り返っている。2月27日まで。

 戦前、戦後から高度経済成長期へと移り変わる時代を視覚的に体感してもらおうと企画した。野外広告として昭和の街角を彩ったホーロー看板のコーナーは、愛知県豊川市の看板収集家…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです