メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

郷愁誘う昭和のくらし・まちかど 世相映すホーロー看板や生活用品… 来月27日まで 四日市市立博物館 /三重

 郷愁を誘うほうろう引きの「ホーロー看板」や生活用品などで昭和をたどる企画展「昭和のくらし 昭和のまちかど」(毎日新聞社など後援)が、四日市市安島1の市立博物館で開かれている。来館者は世相を反映する800点余の品々を通し、64年に及んだ一時代を振り返っている。2月27日まで。

 戦前、戦後から高度経済成長期へと移り変わる時代を視覚的に体感してもらおうと企画した。野外広告として昭和の街角を彩ったホーロー看板のコーナーは、愛知県豊川市の看板収集家…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです