メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャロル&チューズデイ

渡辺信一郎監督アニメの男性キャラ公開 テーマ曲はナルバリッチ、ベニー・シングスが制作

テレビアニメ「キャロル&チューズデイ」に登場する(左から)タオ、ガス、ロディ、アーティガン (C)ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

 「カウボーイビバップ」などの渡辺信一郎監督が手がけるオリジナルアニメ「キャロル&チューズデイ」に登場する男性キャラクター4人のビジュアルが16日、公開された。公開されたのはタオ、ガス、ロディ、アーティガンの4人で、物語の鍵を握るキャラクターとなる。また、アニメのオープニングテーマの制作をバンド「Nulbarich(ナルバリッチ)」、エンディングテーマの制作をオランダのアーティスト、ベニー・シングスさんが手がけることも分かった。

 劇中のボーカル曲を手がける制作陣も発表された。ビヨンセさんやリアーナさんなど人気アーティストに楽曲を提供しているエバン・キッド・ボガートさん、ロックバンド「Keane(キーン)」のティム・ライス・オクスリーさん、ノルウェー出身のグループ「Kings of Convenience(キングス・オブ・コンビニエンス)」のアイリック・ボーさんが参加する。

 アニメは、人類が火星に移り住んでから50年になろうしており、多くのカルチャーがAI によって作られた世界が舞台。首都アルバシティで働きながらミュージシャンを目指すキャロルは、地方都市ハーシェルシティの裕福な家に生まれミュージシャンになりたいと思っていたチューズデイと出会う……というストーリー。フジテレビの深夜アニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」で4月から放送される。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  2. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  3. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  4. 世界最大のハチ、撮影に成功 インドネシアで38年ぶり
  5. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです