メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木村佳乃

関西弁を自宅で猛特訓 娘が覚えて「学校で言っちゃったら…」と心配顔

連続ドラマ「後妻業」の制作会見に登場した木村佳乃さん

 女優の木村佳乃さんが16日、東京都内で開かれた連続ドラマ「後妻業」(関西テレビ・フジテレビ系、22日から火曜午後9時)の制作会見に登場。ドラマで資産家の老人を狙い遺産相続目当ての結婚詐欺「後妻業」を仕事にする関西弁の武内小夜子を演じる木村さんは、関西弁を家で猛特訓した結果、娘が関西弁を話すようになったといい「娘がうまくなっちゃって……。若いってすごい」と母の顔を見せていた。

 ヒョウ柄のスカートに派手な赤のコートというファッションで登場した木村さんは「役の打診をいただいたとき、事務所から『関西弁は大丈夫ですか?』と言われましたが、この役は関西弁でやらないと意味がないと思った」と明かした。続いて「家で関西弁は出ないのか」と聞かれると、木村さんは「家に帰ると変な言葉でしゃべっているらしいです。(娘から)言われます」と照れながら、家では関西弁の録音を流し、イヤホンをせずに音量を上げ、料理をしながら聞いていたことを明かした。

 木村さんは「(子供には)聞かせてはいけないせりふもあったので、学校で言っちゃったらどうしよう。(関西弁を)聞いてないと思っていたら、しっかり聞いていた」と心配していた。会見には高橋克典さん、木村多江さん、泉谷しげるさん、伊原剛志さん、原作者の黒川博行さんも出席した。

 ドラマは、黒川さんの同名小説(文芸春秋)が原作。武内小夜子、後妻業の黒幕・柏木亨(高橋さん)、小夜子にターゲットにされた男性の娘で・小夜子とバトルをする中瀬朋美(多江さん)、中瀬の大学時代の先輩で私立探偵・本多芳則(伊原さん)の4人が巻き起こす痛快サスペンス。第1話は15分拡大。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです