メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電力買い取り期限後巡って商戦 自家消費をPR

 住宅に設置した太陽光発電の余剰電力を電力会社が10年間に限って割高に買い取る固定価格買い取り制度(FIT)が今年11月以降、順次期限を迎える。期限を過ぎるとFITでは買い取ってもらえないことから、電機メーカー各社は、電力を自宅で消費するケースも増えるとみて、家庭用の蓄電池や電気給湯器のPRに力を入れ始めている。

 太陽光発電の余剰電力については、普及促進などを目的に2009年11月に買い取りが始まった。資源エネ…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文880文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです