メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU離脱合意案、英下院が歴史的大差で否決 混迷深まる メイ首相は「21日にも代替案」

メイ英首相=AP

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】英下院は15日夜(日本時間16日早朝)、欧州連合(EU)からの離脱合意案を採決し、賛成202、反対432の大差で否決した。野党労働党は内閣不信任案を提出し、16日夜(日本時間17日未明)に投票が実施される。議員の大半は経済が大混乱する「合意なき離脱」を避けるよう求めているが、議会は離脱派と残留派に分断されたままで、3月の離脱期限が迫る中、先行きは混沌(こんとん)としている。

 メイ首相は否決直後、下院で「議会が合意案を支持しないのは明らかになった」と敗北を認めた。一方で、E…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1211文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです