メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊賀市

可燃ごみ中継施設に さくらリサイクルセンター 住民と合意 /三重

 伊賀市は市のごみ処理施設「さくらリサイクルセンター」(治田)を可燃ごみの中継施設とすることで地元の花垣地区住民自治協議会と合意し、15日に協定を結んだ。稼働期間は今年8月~2034年3月とし、延長はしない。

 旧青山町域を除く市内の可燃ごみはセンターに集め、固形燃料(RDF)化し、県のRDF発電所(桑名市)に運んでいる。県は今年9月をめどに受け入れを停止することから、市は可燃ごみを民間委託して処理する。

 これに伴い、センターを民間施設にごみを搬入するまでの中継集積場とするため、地元と協議を続けていた。…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文534文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです