メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成から未来へ・三重

/13 弁論に取り組む津商高2年・鵜飼初笑さん(17) 自分の意見伝えたい /三重

 言葉が持つ温かみを伝えたい--。津商業高校(津市渋見町)2年の鵜飼初笑(はつえ)さん(17)は、弁論を通じて言葉の使い方や、笑顔の効果などを学んできた。「相手に自分の意見を伝える弁論の舞台に立ち続けたい」との思いを強めている。【森田采花】

 昨年3月、所属するコンピューター部の顧問から「弁論大会に出てみないか」と誘われた。同部では論理的思考を養うため、弁論を活動に取り入れていた。大会参加は初めてだったが、以前から興味はあった。

 当時、友人とスマートフォンでメッセージのやりとりをした際に、違和感のある出来事があった。送ったメッ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです