メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成から未来へ・三重

/13 弁論に取り組む津商高2年・鵜飼初笑さん(17) 自分の意見伝えたい /三重

 言葉が持つ温かみを伝えたい--。津商業高校(津市渋見町)2年の鵜飼初笑(はつえ)さん(17)は、弁論を通じて言葉の使い方や、笑顔の効果などを学んできた。「相手に自分の意見を伝える弁論の舞台に立ち続けたい」との思いを強めている。【森田采花】

 昨年3月、所属するコンピューター部の顧問から「弁論大会に出てみないか」と誘われた。同部では論理的思考を養うため、弁論を活動に取り入れていた。大会参加は初めてだったが、以前から興味はあった。

 当時、友人とスマートフォンでメッセージのやりとりをした際に、違和感のある出来事があった。送ったメッ…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文744文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  2. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  3. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです